2017-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.12 (Tue)

もしものはなし(^^)







もし世界が100人の村だったら


誰かが私に興味深いお話を伝えてくれました
もし現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで
全世界を100人の村に縮小するとどうなるでしょう


その村には…

57人のアジア人
1人のヨーロッパ人
14人の南北アメリカ人
8人のアフリカ人がいます

52人が女性で
48人が男性です

70人が有色人種で
30人が白人

70人がキリスト教以外の人たちで
30人がキリスト教

89人が異性愛者で
11人が同性愛者

6人が全世界の富の59%を所有し
その6人ともがアメリカ国籍

80人は標準以下の居住環境に住み
70人は文字が読めません

50人は栄養失調に苦しみ
1人が瀕死の状態にあり
1人は今生まれようとしています

1人(そうたった1人)は大学の教育を受け
そして1人だけがコンピューターを所有しています

もしこのように縮小された全体図から
私達の世界を見るなら
相手をあるがままに 受け容れること
自分と違う人を理解すること
そしてそう言う事実を知るための教育がいかに必要かは
火を見るより明らかです
また次のような視点からもじっくり考えて見ましょう

もしあなたが今朝目が覚めた時
病気でなく健康だなと感じることが出来たなら …
あなたは今週生き残る事のできないであろう
100万人の人たちより恵まれています

もしあなたが戦いの危険や投獄される孤独や獄門の苦悩
あるいは飢えの悲痛
または死の恐怖を感じることなしに
教会のミサに行くことが出来るなら…
あなたは世界の30億人の人たちより恵まれています

もし冷蔵庫に食料があり着る服があり
頭の上に屋根があり寝る場所があるなら…
あなたは世界の75%の人たちより裕福で恵まれています

もし銀行に預金がありお財布にお金があり
家のどこかに小銭を入った入れ物があるなら…
あなたはこの世界の中で最も裕福な上位8%のうちの一人です

もしあなたの両親がともに健在で
そして二人がまだ一緒なら …
それはとても稀れなことです

もしこのメッセ-ジを読む事ができるなら
あなたはこの瞬間2倍の祝福を受けるでしょう
何故ならあなたの事を思ってこれを伝えている誰かがいて
その上あなたは全く文字の読めない世界中の20億の人々より
ずっと恵まれているからです

昔の人がこう言いました
我が身から出るものはいずれ我が身に戻り来ると
お金に執着することなく喜んで働きましょう
かって一度も傷ついたことがないかのごとく人を愛しましょう
誰も見ていないかのごとく自由に踊りましょう
誰も聞いてないかのごとくのびやかに歌いましょう
あたかもここが地上の天国であるかのように生きていきましょう


作:K.Leipold
訳:なかのひろみ









こんにちは、皆さん。

ご機嫌うるわしゅうー、kouです。





「もし世界が100人の村だったら」


昔話題になりましたよね。

この前大学の図書館に行ったとき(意外とか言わない)

偶然見つけてその場で読みつくしました。

”日本に生まれて幸せだー、もっと感謝しないとな”

”これは自分より不幸な事例をあげて子供たちをしつけするものにすぎない”

と賛否両論様々です。


いろんな意見があるのも当然(人間だもの)


でも、間違いなくわたしは

世界の中で最も裕福な上位8%のうちの一人です。

普通に大学に進学して、パソコンもカタカタカタカタ

ウィンドータッチなんかしちゃったりして

お腹すいたらご飯もいっぱい食べれるし

眠たかったらふかふかな羽毛布団にくるまれる。

あまりにも恵まれ過ぎて、

感謝はどっかでかくれんぼでもしてるみたいです。


わたしたちにとって世界の人って裏の裏の裏すぎて

正直どんな生活をしてるのかなんてわからないし

わたしが日本に生まれたことには変わらない。

この生活が当たり前、少しでも欠けたら不便に思う。


けど、

もし実際に苦しんでいる人がいるのなら

その苦しんでる子どもをみてる親はどう思うかな。

親になったことはないけど、想像してみたら痛くて泣きそう。



もっと感謝しないといけないんだな…

と、わたしも初めて読んだとき思いました。


でも、今はそれだけではダメだと思うんです。


世界で苦しんでる人がいるなら、

悲しんでいる人がいるなら、

その人の為になにができるんだろう?

って考える。

自分にも何かできることがきっとある

って考える。



きれいごとだね。

って言う人もいるけれど

それでもいーじゃん。

きれいごとでも言ってれば

そのうちきれいになるんじゃない。





今は経済力も、実力も器もないけども、

将来はきっとある。



だから、今はもっと大事なものを養おう。

自由に踊って、のびやかに歌って

ひとりを大切にできるように頑張ろう。



そのひとりが広まって世界の人を助けられるように

苦しくて、悲しくて泣いてる人を少しでも笑顔に変えられるように。





だから、CARPで頑張ろう。






Adios!
関連記事
14:36  |  日記  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

金沢にもありますよ!もしも地球が100人の村だったらの本が( ̄皿 ̄)b
衝撃ですよね(>_<)
生き方について考えさせられますよね
Carpで頑張りましょー
nao |  2012.06.15(金) 09:03 | URL |  [編集]

たしかに。超経済力があっても、なんにも感じられない人やったら意味ないしね(*_*)

゛無知からはいかなる情緒をも生じ得ない゛
゛また、無知と無情緒からはいかなる意志も生ずることはできない゛

正しい知を備えて、正しい情を育む・・・CARPでの活動は尊いですね(*^^*)
Hirame |  2012.06.15(金) 11:38 | URL |  [編集]

自分たちはかなり幸せな時代に生まれてますね!
しかし幸せな国日本でも、まだまだ事件は数多くあり、若い自分たちからさらに幸せな国や世界を作っていきたいですね!!
自分もCARPでもっと頑張っていきます!!!
アクティー |  2012.06.16(土) 00:36 | URL |  [編集]

私もこの本を知った時、衝撃を受けました…

涙が止まらなかったよ…

私は本当に幸せなんだなって思った…


改めて思い出すことができたよ!!

ありがとうkouちゃん(´v`*)
エナ |  2012.06.16(土) 10:47 | URL |  [編集]

良くテレビでもやってましたよね…
自分もその時すっごい衝撃的でした。
「自分ってこうして生きていられるだけで幸せなんだ」って…
CARPでまだまだ共に頑張りましょう!!
ユキ |  2012.06.16(土) 12:00 | URL |  [編集]

たとえ“きれいごと”だとしても

バカみたいに頑張ってる人はかっこいい


それを見て中途半端に

「バカだな」と見ている人はかっこわるい

太陽 |  2012.06.17(日) 19:18 | URL |  [編集]

詩的でいい文だね!
気に入ったよ( ;∀;)
あん |  2012.06.18(月) 00:53 | URL |  [編集]

>naoさん
やっぱ金沢にもあるよね(;_;)
お互い3年生でいろいろ大変な部分もあるけど、
これからもがんばろー

>Hirame先輩
先輩やっぱ頭いーんですね(^-^)
コメントに知性を感じます、
素晴らしいです

>アクティーくん
アクティーくんなら日本どころか世界も変えられるよ
期待してます(*^^*)
それゆけ!アクティー



kou |  2012.06.18(月) 11:25 | URL |  [編集]

>エナさん
号泣してそうですね(笑)
エナさんは本当に純粋な方なんだなって感じます
やっぱワンピ好きに悪い人はいない

>ユキちゃん
ほんとに自分たちは幸福者やおね(*^^*)
そうそう、ユキちゃん、名大でもがんばってね!
応援してるよー

>朔太陽さん
相変わらず良いこと言うね(^o^)
めちゃくちゃ格好いいおバカさんになろう
太陽さん素質あると思うよ

>あんさん
ありがとうございますー\(^o^)/
そろそろあんさんに会いたいんですが、
静岡までいってもいいですか
kou |  2012.06.18(月) 11:57 | URL |  [編集]

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (現在非公開コメント:投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://meichucarp.blog.fc2.com/tb.php/48-0de7c144

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。